ディオーネ(Dione) ハイパースキン脱毛

MENU

ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛とは

 

ディオーネ(Dione)ハイパースキン脱毛

 

ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛は、従来の脱毛方式とは全く異なった仕組みです。

 

従来の脱毛法

 

Dioneのハイパースキン法

 

毛には毛周期というものがあり、今生えている体毛は何もしていなくても自然に抜け落ちていきます。

 

なぜ自然に脱毛しているのにずっと同じような毛量を保つことができるかというと、自然に毛が抜け落ちた後に休止期というのがあって、休止期を終えると何もない毛穴から新しい毛になる細胞が育ち始めるからなのです。

 

毛周期

 

毛周期のサイクルには、

@発毛期⇒A初期成長期⇒B中期成長期⇒C後期成長期⇒D退行期⇒F自然脱毛

という流れがあります。

 

自然脱毛をせず毛根にダメージを与え、人為的に脱毛を行うには62〜63℃の熱量を加える必要があるので、下手をするとやけどをする可能性があります。

 

だから脱毛時には必ず冷やすわけですよね。

 

皮脂腺の少し下にバルジというところがあり、ここに毛に成長する「発毛因子(毛の種)」があります。この「発毛因子」にダメージを与えるのが、ハイパースキンという特殊な光なのです。

 

ハイパースキン脱毛は毛に成長する発毛の因子を処理するだけなので、黒に反応する高熱を使う必要がないのです。

 

だから、38℃くらいの温かく感じる程度の温度で脱毛することができます。

 

ハイパースキン脱毛

↓↓説明動画はこちら↓↓

 

 

⇒公式サイトで詳しくみる

 

 

子供でも脱毛が可能な理由とは

 

Dioneのキッズ脱毛

 

⇒ディオーネのキッズ脱毛をみる

 

小さいお子様でも、二の腕やすねなどが毛深いといった体毛の悩みを持っておられる方はたくさんいらっしゃいます。

 

わずか3歳程度の幼い年齢でも、うぶ毛のような毛が顔とか背中などに生えている子がいて、親御さんが

 

「このまま幼稚園や小学校へ行ったらからかわれるんじゃないか」

 

と心配して、お母様と一緒にディオーネ(Dione)にいらっしゃいます。

 

7〜8年前の脱毛方式では、高熱を放射するために痛みをともない、お子様には施術が不可能でした。

 

しかし、ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛方式は高熱を放射せず、毛に成長する発毛因子(毛の種)を38℃くらいの温度で処理していくので、痛みが全く感じられません。だから、小さいお子様でも安心して施術が受けられるのです。

 

体毛に関する悩みは、感受性の高い子供にとっては大きな悩みといえます。ディオーネ(Dione)のハイパースキン脱毛なら、そのような悩みを解消してあげることができるのです。

 

脱毛をはじめようとお考えの方は、まずはネット限定のキャンペーンを利用してディオーネ(Dione)の脱毛を体験してみてはいかがでしょうか。

 

↓↓ディオーネの顔脱毛↓↓

>>公式サイトでみる

↓↓ディオーネのVIO脱毛↓↓

>>公式サイトでみる

↓↓ディオーネの全身脱毛↓↓

>>公式サイトでみる

 

ハイパースキン脱毛の効果

 

脇脱毛の事例
Dione脇脱毛

 

Dione脇脱毛

 

Dione脇脱毛

 

 

脂性ニキビ肌の方の
肌質が改善した事例
Dione脇脱毛

 

Dione脇脱毛

 

Dione脇脱毛

 

自己処理の繰り返しでとてもダメージの大きかった状態の肌が、ニキビが減り肌質も改善されました。

 

その他、Dioneでは数多くの事例があります。

 

皮膚が弱いデリケートなお肌でもDioneなら安心して施術が受けられます。

 

お肌トラブルでお悩みの方は是非、無料カウンセリングをご予約下さい。

 

→美顔脱毛の詳細はこちら

 

→ディオーネ全国店舗一覧はこちら

 

 

ディオーネ 無料カウンセリング

 

 

▲TOPへもどる